ふぁまっぷは愛知県日進市の子ども支援情報サイトです。
発達・健康 2019年9月26日

子どもの便秘

受診するべき?様子みるべき?子どもの便秘に関する疑問を直接先生に聞いてみました。

Q:乳幼児頃は、何日便がでなかったら受診するべきですか?

A:受診の基準は、回数よりも苦痛があるかどうかです。1週間に1回でも苦痛なしに出るようであればよいですが、毎日出ていても泣くようであれば対策が必要です。

Q:食事でできることはありますか?

A:食物繊維の多い食材は有用ですが、食事だけでは限界があることも多いです。排便に苦痛を伴うようなら、便秘薬が必要かもしれません。小児の便秘薬は通常の使い方では依存性はない(癖にならない)ので安心して使えます。

Q:綿棒浣腸は癖になりますか?

A:綿棒浣腸は無理しなければ安全な良い方法です。便秘薬と同様で、依存性(癖になる)のが問題なのは慢性の便秘になることです。

便秘になりやすい時期として、離乳食開始時・トイトレ・入園児などがあります。排便に痛みが伴うと我慢して悪循環になってしまうことがあるので、受診して薬を使って治した方がお子さんにとっても良いです。
排便は本来不快ではなく、スッキリする気持ちの良いものなので、無用な痛みは早めに取り除いあげましょう。

(お話:はなまるキッズクリニック 吉田成美先生)

子どもの便秘