ふぁまっぷは愛知県日進市の子ども支援情報サイトです。
発達・健康 2020年10月25日

赤ちゃんのお肌ケア

赤ちゃんの肌は、保湿力が弱いため、乾燥しやすく、デリケートなので、夏は紫外線や汗、冬は乾燥による刺激があります。

赤ちゃんの肌はどうやって洗えばいいですか?

素手で肌の状態を確かめながら、泡やお湯で優しく洗いましょう。清潔にしすぎると肌についている常在菌まで落としてしまい、肌をいためることになるので、こすりすぎず、拭きすぎに注意しましょう。頭部やお尻などの汚れが気になるところ以外は軽く洗っても良いです。

アレルギーかなと思ったらどうすればいいですか?

原因がわかっているものはできるだけ避けましょう。花粉や動物、日光など避けられないものは、帽子やマスク、長袖で皮膚を覆って防ぎ、帰宅後はすぐにシャワーで洗い流して新しい服に着替えましょう。食べ物については専門家に相談してください。

肌トラブルに薬は塗った方がいいですか?

肌はすぐ治すのが大事です。よく処方されるステロイドはすぐ効き、強さの種類が豊富なので適当に強さを使用することができます。症状に会ってない強さを使うとなかなか治らなかったり悪化しやすいので、意思の指示に従って、処方されたものを使いましょう。

保湿について教えてください。

新生児から状況に応じて保湿が必要です。保湿剤をできるだけ使用しましょう。
お話:はなまるキッズクリニック 吉田成美先生

施設・連絡先一覧

季刊ふぁまっぷ

カレンダー

おすすめトピックス