ふぁまっぷは愛知県日進市の子ども支援情報サイトです。
栄養・食事 2022年4月25日

カルシウムをとろう!!牛乳だけじゃない

今回は牛乳以外でもカルシウムを摂取できる食材、レシピを紹介します。

カルシウムをとれる食材

●豆腐や厚揚げ、高野豆腐などの大豆製品
●しらす干しやちりめんじゃこなどの丸ごと食べられる魚、桜エビ
●骨まで柔らかくなっている魚の缶詰
●小松菜、さやいんげん、切干大根、海苔、ヒジキなどの海藻類
●他に貝類・ごま

油揚げのサモサ風

油揚げ4枚は斜めに切って袋状にする。ジャガイモ中1個を電子レンジで柔らかくして潰し、納豆1パックと混ぜて油揚げに詰めて底を合わせて三角になるようにする。フライパンには油を敷かずに中火で表面をカリカリに焼く。小さいお子さんには詰め物に味なしで。幼児食のお子さんは塩少々や納豆のたれ、醤油で味付け。カレー粉を食べられる年齢のお子さんはカレー粉、または塩にクミンやターメリックなどのスパイスを加えると大人も美味しくいただけます。

豆と乾物の炊き込みケチャップご飯

炊飯器に洗った米3合、茹で豆50g、ハサミで切った切干大根10g、手で割った干し椎茸1枚を乗せ、ケチャップ大さじ5、みりん大さじ3、オリーブオイル大さじ1と1/2、塩小さじ1を加え、分量の水を入れて炊き、混ぜる。離乳期のお子さんには切干大根を細かく切り、ケチャップをトマト缶に帰るといいですよ。

他に桜エビと人参の炊き込みご飯や小松菜のごまあえ、高野豆腐の肉巻きもおすすめです。

監修:高瀬美佐子(管理栄養士)


施設・連絡先一覧

季刊ふぁまっぷ

カレンダー

おすすめトピックス