ふぁまっぷは愛知県日進市の子ども支援情報サイトです。
遊び 2022年8月29日

子どもとできるエクササイズ

産後はなかなか体を動かす時間が取れないですよね。
子どもと一緒におうちで手軽にできる運動をご紹介します。

飛行機ブーン

ここに効く!→腹筋

子どもを足の裏やすねに乗せて上下させる。お腹だけでなく骨盤も意識する。 

スクワット

ここに効く!→内もも

子どもを抱っこしながら膝がつま先より前に出ないようにし、腰を上下させる。目線は上げる。

仰向けすべり台

ここに効く!→内臓下垂の改善

仰向けに寝そべりお尻を浮かせて肩から膝まで一直線にする。太ももあたりに子どもをのせて体を一直線に保ったまま上下する。腰をおろす時は、背骨を一つ一つ意識してゆっくりおろす。

一人の時間が少し取れたら次のステップで凝り固まった体をゆるめましょう

STEP1.肩の位置が上がらないように胸をひらく(肩甲骨を寄せる)


※鏡で確認するとわかりやすいです。耳と肩ができるだけ離れるように意識しましょう。

STEP2.顔の位置が体より前に出ないように意識する

STEP3.骨盤を前後に動かす(前傾・後傾を繰り返す)

同じポーズを取ることよりも骨盤を開いたり閉じたり、柔軟に動かすことが大事です。自立神経を整え、リンパのめぐりもよくなります。

先生のお話

自分の体を美しく保つには「1.意識すること2.体に関する知恵(知識)を持つこと3.継続すること」が大事です。…とは言いつつもお子さんが小さいこの時期、自分の体にあまり時間をかけられないのは重々承知です。お子さんと今しっかり向き合うことが何よりも大事なので、「できる時にできる分だけやってみる」「普段の立っている時などの姿勢を意識する」だけでもいいですよ。

スポーツセンターでも講座を開催されている、美BODY メイク・ピラティスインストラクターMAKI 先生に教えていただきました♪

施設・連絡先一覧

季刊ふぁまっぷ

カレンダー

おすすめトピックス