ふぁまっぷは愛知県日進市の子ども支援情報サイトです。
発達・健康 2019年11月20日

感染性胃腸風邪について その1

これからの季節は胃腸風邪になることもありますよね。子どもが胃腸風邪になったときのどうしよう??を小児科医に聞いてみました。

感染性胃腸風邪について その2

吐いた後の処理の方法

嘔吐物がついたものはすべて袋に入れて密封して処分しましょう。
捨てられないものは嘔吐物を全て拭き取り、洗い落として、塩素系漂白剤で消毒を何回も行いましょう。床や家具は嘔吐物をきちんと拭き取り(拭き取ったものは密閉して処分)塩素系漂白剤で何回も拭き取りましょう

処理の時に注意すること

感染予防の観点から、処理をする際は使い捨ての手袋、マスクを着用して行いましょう。また、嘔吐物が着いたものを密閉することによって、菌が空気中に拡散することを防ぐことができます。

いつ病院へ行ったらいい?

・半日水分が取れない
・おしっこがいつもと比べて回数がかなり減っている
・しゃべらなくなった
・元気がない
・意識がない
時は受診しましょう。また吐き気がおさまり、水分が摂れそうな時は、経口補水液をスプーン1杯、2から3分経ったらスプーン1杯、を繰り返します。飲んでも吐いて水分が摂れない場合は受診しましょう。

※嘔吐したから胃腸風邪というわけではなく、他の病気も考えられるので、ここでは感染性胃腸風邪と診断されたことを前提としています。

(お話:はなまるキッズクリニック 院長 吉田成美先生)