ふぁまっぷは愛知県日進市の子ども支援情報サイトです。
発達・健康 2020年1月8日

薬の飲ませ方Q&A

この季節には鼻水が出ている子どもも多いと思いますが、薬を飲むことを嫌がる子もいますよね。親子共に薬がストレスになっていませんか?小児科の先生にお話を伺いました。

Q.薬をどうやっても飲めず、アイスなどに混ぜても飲めない子どもに、どうやって飲ませたらよいでしょうか?

子どもが薬を飲んでくれないと親御さんは心配になりますよね。でも、怒って無理やり飲ますことより、笑顔で温かい言葉をかけて安心させてあげることの方が大切です。子どもには治る力があるので、ほとんど自然治癒します。飲めない時は医師に相談しましょう。

(注意:中には溶連菌や喘息の薬など、飲まないといけない薬もあります)

Q.市販薬には、あまり体によくないと言われる物質が入っていると聞きました。病院で処方された薬以外飲ませない方がよいでしょうか?

市販薬にはコデインなど問題になった物質もあります。大切なのは成分や注意書きをよく読むことです。小児科ではできるだけ安全な薬を処方していますが、同じく注意書きは読んでください。

Q.子どもの薬は甘いので、寝る前に飲ませた場合、再度歯磨きした方がよいでしょうか?

歯磨きは必要ありません。最後に白湯を一口飲ませてください。

Q.水以外のものに混ぜて効果が落ちることはありませんか?

効果が落ちることもありますが、飲みやすい方法で、飲めるだけでよいです。

Q.錠剤や粉薬は、いつごろから飲む練習をさせたらよいですか?

錠剤は何歳からでも、飲めるようになったときでよいです。あまり小さな乳幼児は喉に詰まらせると危険なので処方されません。

Q.粉薬とシロップで効果のちがいはありますか?

成分は一緒です。親子共に負担が少ない方法で飲むとよいでしょう。

(お話:はなまるキッズクリニック院長 吉田成美先生)